読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紳士淑女の嗜み

単体考察から構築案までポケモンに関するあれこれ。ご連絡は@mose_catまで。

いろめがね+Z技

 

Z技の使用用途は様々ですが、今回は攻撃技にZ技を使用することを前提とします。

まず、無効タイプのあるZ技と無効タイプのないZ技とがあります。

無効タイプのあるZ攻撃技は明らかな有利対面で打ってしまうと、ちょうどタイプ受けするのと同じように、無効化されてしまうことが多いです。水タイプに対して打った電気技を地面タイプに受けられてしまうというような場合です。その場合はZ技であろうと、通常攻撃であろうと無効にされてしまうという同じ結果になりますし、むしろ持ち物の判別等の情報面でのこちらのディスアドバンテージが非常に大きい結果を招きます。

よって無効タイプのあるZ技はどちらが有利対面なのかはっきりしない対面で、相手を等倍技で一撃で倒す際に有効な一手だと考えています。単純に等倍の一致Z技が通るということは、純粋な火力指数の押し付けになるわけですから、相手に相当なダメージが見込めるというわけです。(これに当たるのが地面・電気・ゴーストなどで、このようなタイプは一貫する場面が多い一方で、無効タイプが存在するものです。)

 

そうしたZ技に関する考察を続けているうちに、

等倍以上である程度の火力のZ技が通れば相手を一撃で倒せるのではないか

という発想に至りました。

しかし、耐性で受けられてしまっては折角Zストーンで得た数値を半減させることになってしまいます。

ならばなんとしてでも等倍で通すことを追求すれば良いのです。

 

f:id:mose_cat:20170217004540p:plain

モルフォン@ムシZ

とくせい:いろめがね

145-*-80-142(252)-96(4)-156(252)

むしのさざめき/ちょうのまい/ヘドロばくだん/バトンタッチなど

 

いろめがねという特性は『こうかは いまひとつのようだ』の場合に、1/2倍を等倍に、1/4倍を1/2倍にする。という特性です。

つまり、虫タイプの技を1/2にする炎・格闘・毒・飛行・ゴースト・鋼・フェアリーの複合タイプ以外には必ず等倍以上でZ技の指数を押し付けることができるということです。

蝶舞虫Zの指数はちょうどサイコフィールド下の臆病メガネテテフのサイコキネシスくらいの指数です。このレベルの指数の攻撃が等倍以上で入ると仮定すると、並大抵の耐久のポケモンは一撃で消し飛びます。ナットレイメガボーマンダ、メガハッサムジバコイルなども虫技で突破してしまう、昆虫界の王者はこの蝶だったのです。 

虫技を半減するタイプの多くに有効なステルスロック+いろめがね虫Zモルフォンの並びには一切の隙が無いと言えるでしょう。

 

このモルフォンが強いかどうかはさておき、みなさんもZ技の使い方について今一度考察してみてはいかがでしょうか。