読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紳士淑女の嗜み

単体考察から構築案までポケモンに関するあれこれ。ご連絡は@mose_catまで。

控えめ毒ボルトロス

 

f:id:mose_cat:20150824222416p:plain

ボルトロス@食べ残し

10万ボルト/どくどく/身代わり/守る

 

HBライン:177-105

身代わりが不一致イカサマを耐える

20.9% ~ 24.8%

233メガバシャーモフレアドライブ最高乱数以外耐え

85.3% ~ 100.5%

 

Cライン:180

167-116メガゲンガーを82.03%の乱数二発

(47.3% ~ 56.2%)

207-136スイクン

(64.7% ~ 78.2%)

207-136(+1)スイクン

(43.4% ~ 52.1%)

∟※ねむカゴスイクンの瞑想の起点にならない

155-100メガバシャーモ

(60% ~ 70.3%)

∟※フレアドライブの反動+10万ボルトで倒せる可能性がある

157-115メガクチート

(50.3% ~ 59.8%)

 

S:139

耐久振りガルーラの上をとれる。

HBボルトロスの上をとれる。

 

上記の調整

実数値 177-*-105-180-101-139

努力値 180-0-116-148-4-60

 

調整意図

従来の詰め性能の高いボルトロスにC振りボルトロスの対面性能を付与した配分。

初手ボルト対面した相手のゲンガーが電磁波をもらうことを嫌い退いたのちに、毒ボルトとわかったあとで再び対面した時に、身代わりを残していながら押し負けてしまったり滅びで処理されてしまうというのは非常に残念なので10万ボルト二回で倒せるようにCの数値を可能な限り高めた。

この180という数値はとくこうに特化した臆病ボルトロスの数値を3上回る数値となっている。この、臆病ボルトロスでは火力アップアイテムを持たなければ到達することのできない3の差が悪魔じみており、167-116メガゲンガー,159-123メガゲンガー,155-100メガバシャーモ,157-115メガクチート、それぞれ突破できる確率が0~20%ほど下がってしまう。

これにより先に述べたメガゲンガー以外にも、メガバシャーモとの対面で打ち勝てる可能性が生まれたり、メガクチートを二発で処理できたり、瞑想スイクンの起点になることなく迅速に処理できたりする。

S17において構築を組んでいた際に問題となった、C145の毒ボルトロスでは相手の瞑想ねむカゴスイクンに対面から起点にされてしまうという点を解消するために考察を始めた。そもそも一度有利対面を作るなどしてみがわりを残しさえすればまもみがでハメられることと、このボルトロスの過剰な耐久振りが生きる場面というのは相手の攻撃で身代わりが壊れないというかなり限定的なものであることに疑問を感じ、このような配分に至った。残飯を見るなり火力のない毒ボルトロスと認識し、受け出してくる相手に予想外のダメージが入り、相手のHP管理の計算を狂わせたり、毒に頼らなくてもダメージレースに勝つことができるケースも多くある。