読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紳士淑女の嗜み

単体考察から構築案までポケモンに関するあれこれ。ご連絡は@mose_catまで。

ジョウトオープン使用構築-スタンダード(最終1843-8位)

 

ジョウトオープンお疲れさまでした。

最終18??/45戦全戦消化

順位に関しては公式の結果発表を楽しみに待ちましょう。

追記)最終1843(8位)

f:id:mose_cat:20160530200537p:plain

このパーティは大きく分けて以下三つの要素から構成されています。

ステルスロック+カイリューハッサム

五世代の対面構築に見られるような「積み+抜き」の基本形。

②サンダー+イノムー

対面構築の中でも「サイクル+抜き」に分類される並び。

③崩し

上記で対応しきれない受け思考のパーティに対する崩しの駒。

 

端的に言えば対面構築における、「積み+抜き」の形と「サイクル+抜き」の形の両方を取り入れたパーティになっています。

構築の出発がCS眼鏡サンダーだったのですが、これに鉢巻ハッサムのとんぼ返りを合わせて構築を組むと、サンダーに回復技が無いため、ステルスロックを絡めたサイクルに不利をとると考え、「サイクル+抜き」に「積み+抜き」の発想を取り入れました。

また、相手にサイクルを回させるタイミングでこちらの交代を最少限に抑えるために、有利対面を取った時に相手のパーティに与えるダメージが最も大きくなるように各ポケモンの調整を考えていきました。そのため厳しい並びに対しても釣り交換や交代読み技選択を1~2回決めるだけで無理やり通すことができるケースが多く、これは対戦回数が限られているこのルールで"負けない"という観点からは非常に強力な考え方だったと思います。

 

f:id:mose_cat:20150327062136p:plainサンダー@拘り眼鏡

165-x-105-194(252)-111(4)-152(252)

10万ボルト/ボルトチェンジ/エアカッター/熱風

 

調整:CS

  

f:id:mose_cat:20160529002935p:plainイノムー@進化の輝石

207(252)-120-143(236)-x-83(20)-70

つららばり/地震/ステルスロック/吠える

 

調整:A200ハッサムの剣舞珠バレット耐え/残りD

 

f:id:mose_cat:20150327062131p:plainカイリュー@拘り鉢巻

167(4)-204(252)-115-x-120-132(252)

逆鱗/地震/神速/燕返し

 

調整:AS

 

f:id:mose_cat:20150705040042p:plainハッサム@命の珠

159(108)-189(172)-120-x-100-114(228)

バレットパンチ/電光石火/はたきおとす/剣の舞

 

調整:特化眼鏡ライコウの10万確定耐え

   最速マリルリ+2

 

f:id:mose_cat:20151025022809p:plainキングドラ@ピントレンズ

151(4)-x-116(4)-141(236)-117(12)-150(252)

流星群/波乗り/気合溜め/みがわり

 

調整:DL対策CS

 

f:id:mose_cat:20150625203152p:plainスイクン@オボンの実

207(252)-x-170(156)-110-148(100)-94

絶対零度/熱湯/冷凍ビーム/吠える

 

調整:なし

 

 

 

なかなか特殊なルールでしたが、一人でぼんやり考察していた数週間+実際に対戦した三日間という期間の中においては非常に楽しめました。

メガシンカ禁止ということで感じた謎の高揚感は、新鮮さからくるものなのか、はたまた懐かしさからくるものなのか…よくわかりませんでしたが、五世代の対面構築に関する記事を読み漁ることで、そこに知識の蓄積を確かに感じ取ることができました。

この手の変則ルールは、対戦が得意でなく考察に時間を費やすことが好きな僕の肌にあったものだったかなと思います。

あと、久々に普通に強いポケモンを使って、普通に強いポケモン強い!ってなりました。

純粋に楽しかったです。

 

ではまた。