紳士淑女の嗜み

単体考察から構築案までポケモンに関するあれこれ。ご連絡は@mose_catまで。

S9使用構築 - トビゲン

f:id:mose_cat:20180514010649p:plain

 

 

構築経緯

 

今シーズンは、ほろびのうたをもったメガゲンガーを軸に、あくびをもったカビゴン、とんぼがえりをもったランドロスの対面操作に注目して構築を組みました。また、その過程で対フェアリータイプを克服したジャラランガ入りの構築ないしはジャラランガの単体の型に興味を持ったので、それらを反映した構築になっています。

構築のコンセプトは、カビゴンランドロスで対面操作をしながら、メガゲンガーのほろびのうたやみちづれで1:1以上を狙い、カミツルギゲッコウガジャラランガのいずれかを一貫させることです。

カビゴンランドロス、ゲンガーは後続のエースの一貫を作り出すためのクッションとしてだけでなく、自身が最終的な詰め筋になれる点も高く評価しています。

 

個別解説 

 

f:id:mose_cat:20170719010118p:plain

種族名:ゲンガー

性格:おくびょう

実数値:165-63-102-191-116-200

努力値:236-*-12-4-4-252

特性のろわれボディ

持ち物:ゲンガナイト

技構成シャドーボール まもる みちづれ ほろびのうた

 

配分や構成に関しては特に言うことがない。

とくせいかげふみを利用して1:1以上を狙う動きはもちろん、ほろびのうたを絡めて相手を一度引かせることができる点もこの構築では非常に重要だった。

 

f:id:mose_cat:20170719001042p:plain

種族名カビゴン

性格:わんぱく

実数値:257-130-128-*-141-50

努力値:172-0-252-*-84-0

特性:めんえき

持ち物:たべのこし

技構成:おんがえし じしん あくび まもる

 

一般的に想定されるカビゴンやあくびループの処理を許さない型。

①とんぼがえり・ボルトチェンジ(ランドロスロトムなど)

②寝かせてやどりぎのたね(テッカグヤナットレイフシギバナなど)

に対してノーダメージで切り返しが効く点を評価している。

あくび+まもるという技の組み合わせはとても強力で、単にとんぼがえり・ボルトチェンジを許さないだけでなく、あくびを絡める事で積み技+Z技でカビゴンを崩そうとしてくる相手を寝かせながらダメージを抑えたり、とびひざげりを躱したりできる。

また、特性のめんえきによりどく状態にならないのでどくどくでカビゴンを崩そうとしてくる相手にも耐性がある。どくどくを持ったギルガルドを筆頭に、相手視点では判別のつかない一方的に有利な対面が一定数存在する。

配分に関してはたべのこし込みで200PFサイコキネシス二耐え、メガギャラドスミミッキュなどをごまかすために残りHBとしている。

 

f:id:mose_cat:20170707034127p:plain

種族名ランドロス

性格:わんぱく

実数値:196-166-156-*-100-111

努力値:252-4-252-*-0-0

特性:いかく

持ち物:フィラのみ

技構成:じしん がんせきふうじ ビルドアップ とんぼがえり

 

とんぼがえりで対面操作をしながら物理相手に自身が詰め筋になれる型。

特性のおかげでパーティ全体の物理耐久の向上にも貢献している。 

 

f:id:mose_cat:20171021051837p:plain

種族名カミツルギ

性格:いじっぱり

実数値:134-256-151-*-52-161

努力値:0-252-0-*-4-252

特性:ビーストブースト

持ち物こだわりスカーフ

技構成リーフブレード せいなるつるぎ おんがえし はたきおとす

 

相手から攻撃をもらうことを想定していないのでAS振り切り。

ゲンガーやギルガルドクレセリアに対するはたきおとすのダメージ、ほのおタイプに対する+1状態のおんがえしのダメージ、リーフブレードしばれる範囲を考えるとASの恩恵がもっとも大きいと考えた。

スカーフカミツルギの技構成に関してはこれが一番強いと考えているのでこれ。

 

f:id:mose_cat:20180506052211p:plain

種族名ジャラランガ

性格:ひかえめ

実数値:153-103-146-163-126-137

努力値:20-*-4-228-4-252

特性:ぼうおん

持ち物ジャラランガZ

技構成スケイルノイズ かえんほうしゃ みがわり がむしゃら

 

みがわりとがむしゃらを持ったジャラランガ

格闘タイプの技をもたせるとフェアリータイプに何もできない構成になってしまい、フェアリータイプへの打点をもたせたところで突破できるだけの火力は手に入らないため、ゴーストタイプを除く全てのポケモンへの打点になるがむしゃらを採用。

有利対面での中間択としてみがわりをおいた際に、みがわりを盾にZを温存しながらがむしゃらで削るという選択が取れる。また、この技のおかげでスケイルノイズと合わせて回復のタイミングでみがわりを置くことで、ポリゴン2クレセリアドヒドイデの突破が容易になる。

また、ジャラランガ単体で全抜きをするという一方通行な考え方ではなく、スカーフを持ったカミツルギメガゲンガー、先制技をもったゲッコウガなど、パーティ全体として上から行動する機会が多いため、がむしゃらで削ってそれらのポケモンの一貫を作り出すことができる点を評価している。特にカミツルギにビーストブーストの餌を対面に残すことができる点で相性が良い。

特性に関しては相手のジャラランガに強めで、みがわりの弱点を消すことができるぼうおんとした。

 

 f:id:mose_cat:20180626203654p:plain

種族名ゲッコウガ

性格:おくびょう

実数値:147-*-88-155-91-191

努力値:0-*-4-252-0-252

特性:げきりゅう

持ち物:ミズZ

技構成ハイドロカノン ねっとう みずしゅりけん みがわり

 

相手のカプ・テテフに対してはメガゲンガーで一度守ってあくタイプに引いてみがわりを押す動きで持ち物を判別するため、あくタイプを残して戦える激流ゲッコウガ

 





 S9:2008

ファクトリーオフ:8勝3敗