紳士淑女の嗜み

単体考察から構築案までポケモンに関するあれこれ。ご連絡は@mose_catまで。

ブログトップ

 

はじめまして、ゆとり(@mose_cat)です。

 

シングルメインですがたまに変則ルールやダブルもします。

 

汎用性の高いポケモンよりもピンポイントなメタを張ったポケモンが好きです。

 

そのため少し変わったポケモンの単体考察が多いかもしれません。

 

続きを読む

S6使用構築-ムラっけリレー

f:id:mose_cat:20171106164400p:plain

 

構築のコンセプトは「起点づくり→S操作ができるムラっけ→抜き性能の高いムラっけ」という形で、初手で起点を作り、状況に応じてムラっけ展開(まもみが)をリレーすることです。

 

原案の着想や裏の並びの考察は主ににゃおーし(@nyao_manman)によるものなので、こちらのブログも併せて見てもらえればと思います。 

d.hatena.ne.jp

 

構築経緯

 

ムラっけ単騎で行うみがまも戦術はのろいやほろびのうたに不利をとるが、そのムラっけポケモン自身がS操作を絡めて退場することで、もう一方のムラっけポケモンの起点にしていけば良いと判断して構築を組んだ。

また、この手の戦術はカプ・レヒレミストフィールドや、カプ・コケコのエレキフィールドのせいでキノコのほうしの通りが悪いように見えるが、ビーダルでみがまもしているうちにフィールドは切れることが多く、ビーダルに対して一度引いた場合、ビーダルをそのまま突破した場合、いずれについても1ターンは確実にドーブルが自由に行動できる隙を作れるので案外なんとかなったりする。

裏は表選出がどうしても出せない相手、特に環境に多い草タイプであるキノガッサナットレイにアドバンテージを稼ぎやすいように組んだ。

 

続きを読む

S6スペレ-ノコノコ晴れネット

f:id:mose_cat:20171021043646p:plain

 

構築のコンセプトはステロ+晴れヘルガー、もしくはねばねばネット+カミツルギ+ガルーラで蹂躙することです。

S6のスペシャルレートは"「リザードン、ゲンガー、ギャラドス、ポリゴン2、バシャーモボーマンダガブリアスルカリオカバルドンマンムーナットレイランドロスゲッコウガギルガルドミミッキュ、カプ・コケコ、カプ・テテフカプ・レヒレ」は使用できない。"ルールです。

 

構築経緯

 

KPを見てもらえればわかりやすいと思うのですが、ステロ+晴れヘルガーの通りが非常に良いです。

f:id:mose_cat:20171110142746p:plain

PGL DATABASE参照

特にメガヘルガーS115という数値がこのルールにおいて非常に重要な意味を持っていると考えていて、メタグロスジャローダを上から叩くことができ、悪タイプなので化身ボルトロスの電磁波に足を奪われません

またメガヘルガーが不利をとるキノガッサに対しては同じく晴れエースのフシギバナが有利をとれます。晴れせいちょう+晴れめざ炎でテッカグヤメタグロスを突破可能なので、メガヘルガーを切った場合でも、フシギバナヒードラン以外の鋼タイプで止まることはありません。ドクZはステロを踏んだカイリューサザンドラを一撃で突破することができるため、この持ち物以外ないと思っています。

また、晴れを展開する際にもコータス自身があくびやだいばくはつなど、起点回避の手段を持っているのが非常に優秀です。

この三匹で、"天候要員+Z+メガ"という並びになっており、非常に高い数値を維持してKP上位に対して有利に戦えるため、構築の軸として考え始めました。

 

表選出がヒードランバンギラスに隙を見せやすいので、裏にはそれらに有利をとれそうな"ねばねばネット+カミツルギ+メガガルーラ"の形をとりました。

ただ、このままだとカイリューオニゴーリが重めなので、裏の並びは滅びをもったZトノ+ラグラージや、メガヘラクロスを絡めた並びのほうがよかったかもしれません。

 

個別解説

 

f:id:mose_cat:20171021051803p:plain

種族名ヘルガー

性格:おくびょう

実数値:151-*-70-162-100-161

努力値:4-*-0-252-0-252

特性:もらいび

持ち物:ヘルガナイト

技構成かえんほうしゃ あくのはどう ソーラービーム わるだくみ

 

ステロを踏ませれば耐久に振ったメガガルーラであろうとかえんほうしゃでワンパンする晴れ下のエースです。

かつてこれほどにまでメガヘルガーが活躍できる環境があっただろうか。すごい今更だが、メガ進化のS上昇の仕様変更の恩恵を受けられるポケモンの一匹。

ステロ+晴れ下において対面で勝てないKP上位30位以内のポケモンバンギラスサザンドラウツロイドキノガッサのみ。また、サザンドラウツロイドは一回怯ませれば突破可能。対キノガッサはマッパ+サンパワーダメージで倒れるので相打ち。それ以外はワンパンないしは積んで突破できます。メガヘルガーがKP上位30体のうち26体(運ゲーをしかければ28体)に有利なルールなんて今後一切ないと思います。

このポケモンを使う上でそれなりに重要なのは、必要のないタイミングではメガ進化しないこと。勝手に8分の1削れてしまいます。

草枠にジャローダを採用しているパーティにとても有利です。わるだくみを採用したおかげで、受けループも簡単に崩せて感動すら覚えました。

 

f:id:mose_cat:20171021051813p:plain

種族名フシギバナ

性格:ひかえめ

実数値:155-*-104-167-120-132

努力値:0-*-4-252-0-252

特性:ようりょくそ

持ち物:ドクZ

技構成ヘドロばくだん ギガドレイン めざめるパワーほのお せいちょう

 

キノガッサに強い晴れエースとして採用。

ステロ+ドクZの縛り性能が非常に高く、せいちょうを積むことができればヒードラン以外ではなかなか止まりません。

無難に強いので特に言うことはないです。ドクZの時の目がいやらしい。

 

f:id:mose_cat:20171021051739p:plain

種族名コータス

性格:なまいき

実数値:177-105-166-105-128-36

努力値:252-0-44-0-212-*

特性:ひでり

持ち物:あついいわ

技構成:ふんえん だいばくはつ あくび ステルスロック

 

晴れ指導要員。

起点回避の手段が豊富なのでステロあくびで晴れターンを調整して引いたり、爆発で自主退場できるのがよいです。

配分はシングルレーティング用のものですが、ワンパンされにくいので裏にとっておいて晴れを再展開する選択肢もとれました。

 

f:id:mose_cat:20171021051827p:plain

種族名:ツボツボ

性格:わんぱく

実数値:127-30-310-*-251-25

努力値:252-0-252-*-4-0

特性:がんじょう

持ち物:レッドカード

技構成:がんせきふうじ ねばねばネット ステルスロック アンコール

 

いつかのツボツルギの流用。

一応環境にパルシェンが存在するので対面で補助技を一回押せるようにHBに振り切って+2ロクブラを耐えるようにしています。

あとは、積み展開とかバトン展開に裏から投げてレッドカード発動させたりしました。

 

f:id:mose_cat:20171021051837p:plain

種族名カミツルギ

性格:ようき

実数値:137-228-154-*-52-177

努力値:20-212-20-*-4-252

特性:ビーストブースト

持ち物:アクZ

技構成リーフブレード せいなるつるぎ つじぎり つるぎのまい

 

ねばねばネット+剣舞カミツルギはこのルールでも止まりにくく優秀でした。

表の晴れエースの一方の刺さりが悪い時や、そもそも晴れが出せない時にだけ出しました。

 

f:id:mose_cat:20171021051851p:plain

種族名:ガルーラ

性格:いじっぱり

実数値:191-159-101-*-102-132

努力値:84-236-4-*-12-172

特性:きもったま

持ち物:ガルーラナイト

技構成すてみタックル ほのおのパンチ グロウパンチ ふいうち

 

サイコフィールドがないのでふいうちが通りやすい。

表の晴れエースの一方の刺さりが悪い時や、そもそも晴れが出せない時にだけ出しました。

 

総括

 

ほぼ初手コータスorヘルガーで裏にフシギバナという選出です。

あまり信じられないと思いますが、メガヘルガー無双でした。

グロス+ウルガ+ジャロorガッサ+マリorアシレ+レボルト+カイリューorサザンみたいなパーティが多くて、その手の構築はコータスでステロ+爆発してメガヘルガーで殴るだけで全員倒れていくので楽しかったです。

構築の感触自体は悪くなかったのですが、潜る時間がほとんどありませんでした。

PGLが見れないので正確な数字ではありませんが、多分2ROMでそれぞれ20戦くらいして、1700ちょいです。

 

こういう特殊ルールを考えるのも全然好きだし、普段あんまり見れないポケモンが活躍できたりして楽しいんですけど、そろそろシングルでも無双できる構築とか並びを思いつきたい・・・ね。

 

おしまい。

 

S5全国ダブル-デスオング改

 

よくわかるデスオングの解説

f:id:mose_cat:20170911014541p:plain 

デスオングとは

デスカーンうそなきをしてバクオングばくおんぱを打つ、又はデスカーンサイドチェンジをしてお互いの弱点を無効化して殴る並びのこと。

 

続きを読む

真皇杯ラスチャレ使用構築-電磁メガゴーリ積みサイクル

 

f:id:mose_cat:20170715234521p:plain

構築のコンセプトは数値の高いとされるメガシンカポケモンで電磁波を撒き、オニゴーリでみがまもすることです。

この構築で採用しているメガライボルトとメガギャラドスの二匹はそれぞれ固有の強さはあるものの、単純に火力が足りなかったり、いわゆる数値受けと呼ばれるポケモンを崩す手段に乏しかったりと、比較的容易に止められてしまうポケモンです。が、どちらも電磁波という技を覚えます。そこに着目しました。

 

予選:五勝三敗一位抜け

決勝T:一回戦敗退

 

QRレンタルチーム

3ds.pokemon-gl.com

 

続きを読む

プリティプリマ使用構築-ヤミドリブル(47位)

 

f:id:mose_cat:20170625231443p:plain

 

まず、ヤミカラス+ドリュウズの並びが広い範囲と打ち合えると思いそこから組み始めました。

このルールではカミツルギモロバレルといった強力な草タイプが存在するのですが、いずれも地面タイプが等倍であること、強力な飛行タイプのポケモンが少ないことから、かたやぶり地震の一貫が非常にとりやすいと考えました。

ドリュウズの隣に並べるポケモンとして、S操作を行えて火力のサポートもできるヤミカラスを採用。いやなおと、おいかぜ、さきおくりでドリュウズの攻撃性能と素早さを引き延ばすことができ、環境に多く存在する物理アタッカーにイカサマで打点を持てる点で優秀でした。

しかしヤミカラスではイーブイバトンなどのギミックに対応しにくいため、そうした構築に強いルチャブルを採用。印なげつけるによる擬似猫騙し、フリーフォールでこのゆびとまれやいかりのこなの解除、先制技から味方を守れるファストガード、といったようにドリュウズの行動回数を増やすための補助技を多く持つ点で優秀でした。

裏にはヤミカラスと並べて、強そうなカミツルギマリルリ、襷を持つことで選出しやすくなり、尚且つ相手のS操作に対する切り返しとしてトリックルームを打てるシャンデラを採用して完成。

なので構築のコンセプトは、対応範囲の広いヤミカラス+ドリュウズもしくはルチャブル+ドリュウズで早い段階で数的有利を取り、後続のマリルリシャンデラカミツルギの対面性能や数値の高さでそれを維持して勝つ。というものです。

 

最終レート1807(47位)

27勝6敗

 

続きを読む

JCS使用構築-鈍足高耐久テテフライド

 

 

パーティ全体の素早さラインを中速に設定し、追い風による素早さ操作でそれを補い、素早さを削った分だけ上昇している耐久値を駆使してダメージレースを有利に進めることを目標とした。

 

・・・以上!(詳しい構築経緯については雑感にて)

f:id:mose_cat:20170427055339p:plain

 

続きを読む